李克強も警鐘 習近平「自力更生」を強調し中国を計画経済へ【動画】

【脱党支援センター2020年10月18日】

2年前、習近平氏は「国際的には、先進技術や重要技術の入手がますます困難になっており、一国主義や貿易保護主義の台頭により、自立の道を歩まざるを得なくなっている。中国は最終的には自分たちに頼ることになるので、 これは悪いことではない」と語っていた。人々は、彼がすでに鄧小平の対外開放路線から逸脱し、毛沢東時代に逆行していると感じ批判が殺到した。しかし現在、この発言はどんどん現実化し、中共はますます破滅の道を突き進んでいる。しかし中共の不公平な政策によって引き起こされた貿易戦争のツケは中国国民に重くのしかかっている。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


FBI TikTok アメリカ アメリカ選挙 インド スキャンダル スパイ活動 トランプ大統領 ハンター バイデン ファーウェイ (HUAWEI) ポンペオ 三字経 三峡ダム 中共 中共ウイルス 中共内部抗争 中共崩壊 中国 中国共産党 中国崩壊 中国経済 人権侵害 個人情報 内モンゴル 南シナ海 台湾 抗議デモ 日本 法輪功学習者 洪水 災害 疫病 米中対立 米中関係 米国 米大統領選 経済制裁 習近平 脱党 臓器狩り 軍事 迫害 閻麗夢博士 香港

関連記事

コメントを追加