コロナ禍(青島など再燃; ロックダウン悪影響;ワクチン無償提供、中国拒否、米国実行)【動画】

【脱党支援センター2020年10月15日】

ニュース解説

今回の疫病は夏においての感染拡大が多少抑えられた他、ほぼ2020年を通しており、持続しています。

中国では、10月1日からの長い休暇を利用して、多くの人は各地に旅行に出かけました。そして、休み明けの10日、青島市は3人の無症状感染が確認したことを発表しました。

青島市の他、中共国家衛生健康委員会は12日、上海5人、遼寧4人、広東3人、河北と山西各2人を含む新たに21の症例を通達しました。

これまでの歴史を見ても大規模な疫病が再び振り返したときは相当危険であることが分かります。中世紀にヨーロッパで起きた黒死病、20世紀初頭のスペイン風邪がそうでした。

疫病対策において、中共当局はロックダウンが最も成果のある方法だとしていますが、専門家は否定的な見方を示しています。

ワクチンについて、現在、米中両政府はワクチンの開発に展開しており、両者ともにある程度の成果が出ていると発表しています。

転載NTDTVJP

FBI TikTok アメリカ アメリカ選挙 インド スキャンダル スパイ活動 トランプ大統領 ハンター バイデン ファーウェイ (HUAWEI) ポンペオ 三字経 三峡ダム 中共 中共ウイルス 中共内部抗争 中共崩壊 中国 中国共産党 中国崩壊 中国経済 人権侵害 個人情報 内モンゴル 南シナ海 台湾 抗議デモ 日本 法輪功学習者 洪水 災害 疫病 米中対立 米中関係 米国 米大統領選 経済制裁 習近平 脱党 臓器狩り 軍事 迫害 閻麗夢博士 香港


関連記事

コメントを追加