ファーウェイがトップ5から脱落=中国の携帯電話販売台数ランキング【動画】

【脱党支援センター2020年10月10日】

中国の最新の携帯電話販売ランキングによると、ファーウェイがトップ5から脱落し、iPhoneがトップとなりました。これに対し、ある中国人は、中国では愛国のためには国産のファーウェイを使うように推奨しているが、多くの人は品質の問題を考慮してiPhoneを選んでいると述べています。皮肉なことに、ファーウェイ支持を叫んでいる人たち自身も実際はiPhoneを使っています。

10月6日、経済学者の田北銘氏がツイッターに、「ファーウェイが部品供給を断たれてからの初の成績表だが、8月の携帯電話販売台数はトップ5から脱落し、1位のiPhone11は6位のHuawei P40の5倍近くになった」と投稿しました。また、「ファーウェイへの支持とAppleのボイコットを叫んでいた人たちはどこへ行ってしまったのだろうか?」ツイートしました。

これに対し、上海のネットユーザー、呉さんは、ファーウェイの支持を叫んでいた人々も、実際にはApple製品を使用していると述べています。

転載NTDTVJP

関連記事

コメントを追加