【速報】米国、共産党からの移民を禁止





【脱党支援センター麻倉静香訳2020年10月10日】

アメリカ移民局は10月2日、共産党員や元共産党員が米国の移民資格(グリーンカードなど)を申請することを禁止するという強硬な方針を公示した。
米国の中国共産党への取り締まりが激化すれば、米国は中国共産党員への規制を強めるとみられている。

米移民局




米国が共産党員の移民を停止


米国市民権移民局(USCIS)は10月2日、政策通知の中で、共産党やその他の全体主義政党への加盟、または共産党やその他の全体主義政党に所属する組織への加盟に基づく申請は認められないと述べた。

これがUSCISの政策ガイドだ。
USCISによると、不許可の理由は、米国の安全保障上の脅威と防衛に対処するために議会で可決された一連の法律の一部であるという。
一般的に、特に免除されない限り、共産党員であるか、または共産党員であった移民、他の全体主義政党のメンバーもしくは元メンバー、または共産党と他の全体主義政党の支部もしくは関連団体のメンバーは、国内外を問わず、米国では受け入れられない。

認められない申請は、米国滞在中に合法的な永住者への資格変更を申請するなど、移民資格を求める外国人にのみ適用されます。

中国共産党員、入国後送還


9月17日、中国共産党員であることを理由に移民申請が却下された米国人の父親がその場で強制送還され、米国入国時に10年間のビザが剥奪された。
アメリカの民主党員で法律事務所の移民顧問を務めていた鄭存柱氏はこのほど、ある事件をメディアに伝えた。それはアメリカの公民権を持つ父親に直ぐに離党して、その関連書類を一刻も早くUSCISに提出するよう提案するということだった。
しかし、再びビザを申請したり移民申請をすることは難しいと言っていました。
鄭存柱の見解では、この本国送還事件は、米国が中国共産党員の入国を禁止する政策を実施し始めたことを示していた。
中国共産党員は、移民でも、親戚を訪ねることでも、旅行でも、空港で強制送還される危険性があります。
また、最近、多くの中国人移民や在米学生が、共産党を辞めるための手続きをするか、共産党員であることが米国の移民政策にそぐわないことを知りながら、共産党を辞めたことを証明するための登録をすることで、共産党を辞めようとカミングアウトしていると述べました。

退会の仕方


ニューヨーク市に本部を置くグローバル脱党支援センター(ここをクリック)では、米国移民局は政党からの「自主的な」離党を処理するとしている。
脱党支援センター会長の易蓉さんは、次のように述べています。

博大書店提供



「グローバル脱党支援センターでは、海外の中国人にも英語と中国語の離党証明書を提供することができます。離党証明書は生涯有効です。」
10月02日現在、3億6400万人以上の中国人が中国共産党を離党しており、数万人の人々が日々、自分と家族の平和とより良い未来を求めて離党している。
米国の移民法では、市民権申請者が共産党員であることを隠して詐欺で入国した場合、通報されればグリーンカードを剥奪され、強制送還されるとしている。



米下院議員の提案:中国共産党を犯罪シンジケートに分類


 現在、米国の政府関係者や議員は、中国共産党の悪質さをますます認識するようになっている。
 中国共産党の建国71周年の10月1日、米連邦議会議事堂前で中国共産党の暴虐に抗議するデモが行われた。
 共和党のスコット・ペリー連邦下院議員は先日、中国共産党を多国籍犯罪シンジケートとして起訴し、処罰する法案を下院に提出した。
 彼は、中国共産党は自らを中国の正当な支配者としているため、強制拘留、臓器摘出、強制収容所に人を入れるなどのことを容赦なく行ってきたと述べた。
 「しかし、中国共産党は実際には中国を支配し、中国人民を弾圧する犯罪組織であり、我々は彼らをそのような存在として特定し、それに応じて処罰する必要があります。」
 米国は、共産党の悪の本性が米国指導部や一般市民に明らかになるにつれ、共産党への取り締まりを強化するとみられている。

関連記事

コメントを追加