習近平唱える「民族復興」は嘘 業者と政府がグルで不動産を略奪【動画】

【脱党支援センター2020年10月4日】

“不動産開発業者がお金を持ち逃げし、役人は互いを庇い合う。住宅購入者たちは住宅を手に入れられないばかりでなく、銀行に借金まで背負ってしまった。7、8年陳情し続けたが、何の結果もない”。

住宅購入者たちは再び陳情受付事務所に行っても弾圧された。ある男性は数人に囲まれて襲われた。人を殴っている男性は公安局の副局長だ。

今の中国で、このようなことが毎日のように起きている。人々の陳情は決して適切に処理されることはなく、ほとんどは暴力による弾圧を受け、抑え込まれる。

中国では「誠実な社会」を構築しよう、不誠実な者をブラックリストに載せようと以前から言っている。習近平は「民族復興」と唱えているが、これが実態だ。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

関連記事

コメントを追加