全米揺るがす秘密情報のリークの噂も 中共内部闘争が激化【動画】

【脱党支援センター2020年10月3日】

中国内部で続けてきた金融権をめぐる習近平氏と江・曽派(江沢民派と曽慶紅派)との争いは現在、習氏が優位と言われている。最近、これらの江、曽、孟の中共党内三つの派閥が米国へ「寝返って」習氏への反撃しようとしているという噂がネット上で流れている。その噂によると彼らは3つのハードディスクを米司法省へ送り、現在、トランプ米大統領の手に渡ったという。そこには全米を揺るがすような驚くべき秘密情報

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

関連記事

コメントを追加