中共の恐るべき “脳内制御 “ハイテク迫害/三峡ダムの一部沈降傾向 台湾の研究機関|なるほど【動画】

【脱党支援センター2020年9月17日】

2019年1月、新華社は中国国防報の「脳内兵器の勝ち方」という記事を転載し、いわゆる脳科学技術の軍事的価値を論じて、「三無戦争」を発動することができると記しました… 台湾国立中央大学宇宙リモートセンシング研究センターが、今年7月に衛星を使って長江の浸水域を調査したところ、長江と淮河(わいが)流域の180万ヘクタールの土地が浸水し、その半分以上が農地であることがわかりました。さらに興味深いのは、三峡ダムの上流右岸「茅坪溪(まうぴんシー)」地区、ダムの護岸中央の上部に年間約5mmの割合でわずかな沈降が見られることです…

転載NTDTVJP

関連記事

コメントを追加