【伝統文化】【推心置腹】 誠心誠意を持って人に接すること

山水伝統文化

 中国西漢の末年、王莽(おう・もう)は当時の王位を簒奪し「新朝」を創り皇帝になった。王莽は政策の改革を行なったが、煩瑣で厳しい政令で人々の生活はさらに困り苦しんだため、新朝政権を覆…

もっと見る >

諸葛亮が子孫に残した家訓【伝統文化】

諸葛亮(しょかつりょう)の一生は、克己(こっき)奉公したもので、後世の人の手本となった。彼は、自分の子女に遠大な志を持つことを教え、54歳のときに8歳の息子の瞻(せん)に有名な『誡…

もっと見る >

彫刻の寺、柴又帝釈天。法華経説話彫刻、未来の国宝【動画】

彫刻の寺、柴又帝釈天。法華経説話彫刻、未来の国宝

東京・葛飾、柴又帝釈天は「彫刻の寺」と言われ、境内に数多くの木彫がありますが、中でも帝釈堂内陣の外側にあります10枚の胴羽目彫刻は文化財として価値が高いものです。未来の国宝とも言わ…

もっと見る >

チベットの光 (66) 所詮は小術

チベットの光 (49) 望郷の念【伝統文化】

「見るな!見て何が面白いんだ!シャアツェのバイツォンヤンの婆さんが悪魔みたいな餓鬼を生みやがって。餓えても死なない『悪魔のミラ』とは、あいつのことだ。大方そんなことだ。いいか、おま…

もっと見る >

チベットの光 (65) 空中飛行【伝統文化】

師父は手紙の中で、いかに障碍を転じて益とするか、いかに好ましくない状況を転じて好ましいものとするか、そして功徳を増す口訣を書いていた。師父は手紙の中で、現在は品質の良い食べ物を口に…

もっと見る >

【小宇宙】音楽の力 オルぺウスは音楽で妻を救った?【伝統文化】

訂閱異なる国、異なる文化、異なる言語を持つ人は、相手が何を言っているか分かりませんが、歌や、演奏される音楽から、相手が伝えたい感情、喜び、怒り、悲しみ、そして楽しみは理解できる。 これは音楽の魔法だ。

訂閱異なる国、異なる文化、異なる言語を持つ人は、相手が何を言っているか分かりませんが、歌や、演奏される音楽から、相手が伝えたい感情、喜び、怒り、悲しみ、そして楽しみは理解できる。 …

もっと見る >

チベットの光 (64) 師父の書簡【伝統文化】

プダは、ミラレパの美しい歌声を聴いているうちに、だんだんと心が落ち着いてきた。彼女は、歌で歌われている故事をつぶさに聴いた後で言った。  「もしお兄さんの言っているようなことが本当…

もっと見る >

チベットの光 (63) 兄妹の再会【伝統文化】

チベットの光 (63) 兄妹の再会【動画】

ある日、ミラレパの郷里で仏像を前に一年に一度の塑仏像大集会が催されるというので、妹のプダも郷里に戻って食を求めた。狩人の一群が、そこである歌を歌い、周りの人たちも拍手喝采し、聞く人…

もっと見る >

チベットの光 (62) 修行快楽歌【伝統文化】

チベットの光 (62) 修行快楽歌【伝統文化】

「私は人だ!幽霊などではない!」、ミラレパが答えた。  「あれ、君はウェンシーではないのか」ミラレパを知っている人が、その声を聴いて問うた。  「ごもっとも。私はウェンシーだ」  …

もっと見る >