【時事縦横】前例のないコロナ蔓延の可能性 ロックダウン効果の有効性は【動画】

【時事縦横】前例のないコロナ蔓延の可能性 ロックダウン効果の有効性は

英国では過去24時間で死者数が新たに1610人増え、1日の死者数を更新した。また日本での死者数も104人に増え、初めて100人を突破し、1日の記録を更新している。他にもネパールで、…

もっと見る >

中国での中共ウィルスはどれくらい深刻なのか?6日間で7カ所の省が戦時状態に入っている【動画】

中国での中共ウィルスはどれくらい深刻なのか? 6日間で7カ所の省が戦時状態に入っている

中国各地で中共ウィルスの感染爆発があり、公式の流行防止策はエスカレートし続けている。わずか1週間で7カ所の省が本格的な戦時状態を宣言した。 転載香港大紀元新唐人共同ニュース

もっと見る >

〈中共ウイルス〉ウイルス源はどこなのか? 米国務省は中国共産党の透明性を求めている=モーガン・オータガス報道官 (字幕版)再掲載【動画】

〈中共ウイルス〉ウイルス源はどこなのか? 米国務省は中国共産党の透明性を求めている=モーガン・オータガス報道官 (字幕版)再掲載【動画】

【脱党支援センター2020年11月2日】 武漢コロナウイルスの発生源についてアメリカ国務省はどう考えているのか。 パンデミックは独裁国家と民主国家の対応の違いを浮き彫りにしたのか。…

もっと見る >

【修正版】美人コンテストを舞台に 中共の恐ろしさ、実体験を語る【動画】

【修正版】美人コンテストを舞台に 中共の恐ろしさ、実体験を語る

【脱党支援センター2020年10月16日】 前回公開した動画に一部誤訳があり、修正いたしました。 深くお詫び申し上げます。 今年3月、2015年度ミスカナダに選ばれた中国出身のアナ…

もっと見る >

コロナ禍をめぐり国連会議で中露 VS アメリカが熱い口戦 国連議長は知らないふり【動画】

コロナ禍をめぐり国連会議で中露VSアメリカが熱い口戦 国連議長は知らないふり

【脱党支援センター2020年10月3日】 “今回の大流行は、国際協力に対する試練ではあるが、我々は試練に失敗した”とグテーレス国連議長は述べた。中国の王毅外相は、習近平 主席の特別…

もっと見る >

中国は国際機関への影響力を掌握【チャイナ・アンセンサード】China Grabs Influence Over International Bodies【動画】

中国は国際機関への影響力を掌握

【脱党支援センター2020年10月1日】 国際機関に対する中国の影響力が高まり 南シナ海でトラブルを招く恐れがある “チャイナ・アンセンサードへようこそ キャスターのク…

もっと見る >

新疆と雲南で腺ペスト流行が深刻? 大規模ウイルス検査が実施【動画】

新疆と雲南で腺ペスト流行が深刻? 大規模ウイルス検査が実施【動画】

【脱党支援センター2020年10月1日】 中国北部と南部で新たに2種類の腺ペストが報告されている。以前 腺ペストが報告されたのは内モンゴルだったが、今回は雲南省で確認された。 地元…

もっと見る >

コロナウイルスのスパイクが増えた!突然変異で感染力が強まる【動画】

コロナウイルスのスパイクが増えた!突然変異で感染力が強まる【動画】

【脱党支援センター2020年9月29日】 ヒューストン市の専門家らが 「中共ウイルス」 のゲノムを分析し、5085の塩基配列を記録したと伝えました。この変異株はより感染性が強いこと…

もっと見る >

コロナウイルス 中国感染再燃 年末にピークか?中国報道から読み取る|世界の十字路【動画】

コロナウイルス 中国感染再燃 年末にピークか?中国報道から読み取る|世界の十字路

【脱党支援センター2020年9月26日】 9月8日、中共は新型コロナウイルス(中共ウイルス)対策表彰式で、重大な成果を得られたと自賛総括しましたが、実質上そうではありません。 転載…

もっと見る >

コロナで文革時代に逆戻りか 中国の農村部で作業ポイント制度導入へ【動画】

コロナで文革時代に逆戻りか 中国の農村部で作業ポイント制度導入へ

【脱党支援センター2020年9月23日】 中国経済は不況に陥っており、多くの失業者が地方に戻ってきている。最近、 杭州市蕭山区では、「労働報酬計算システム」と呼ばれる電子政府が導入…

もっと見る >