中国共産党がfacebook twitter等の巨大テック企業を、これほどにまで跪かせられる理由

【脱党支援センター2020年10月31日】

今回のバイデン候補の息子ハンター氏スキャンダル事件をめぐって、facebooktwitterなどが事件に関する情報をシェアできないようにしたり、シャドウバンなどあからさまな拡散妨害を行った。トランプ大統領のアカウントも例外ではなかった。なぜこれらのソーシャルメディアは大統領の投稿まで削除する度胸があったのだろうか?また中国共産党に関するその他の敏感な話題は言うまでもなく投稿がしばしば禁止されている。ツイッターが李飛飛氏を使ったから?フェイスブックのザッカーバーグ氏の妻は中国人だから?なぜツイッターやフェイスブックは中共にひざまずくのか?逆に言えば、中共はどうやってこれらの企業をひざまずかせることができたのか?多くの中国企業がフェイスブックで広告を出しているからだという意見もあるが、実は他にも彼らの存亡に関わる重大な理由がある。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


FBI (33) TikTok (27) アメリカ (116) アメリカ選挙 (89) インド (36) スキャンダル (46) スパイ活動 (58) トランプ大統領 (410) トランプ政権 (30) ドミニオン集計システム(Dominion Voting System) (27) ハンター (62) バイデン (262) ファーウェイ (HUAWEI) (37) ポンペオ (73) 三峡ダム (30) 不正選挙 (204) 中共 (407) 中共ウイルス (123) 中共内部抗争 (27) 中国 (117) 中国企業 (29) 中国共産党 (257) 中国崩壊 (135) 中国経済 (99) 人権侵害 (64) 個人情報 (29) 南シナ海 (36) 台湾 (88) 抗議デモ (36) 日本 (42) 民主党 (86) 法輪功学習者 (37) 洪水 (62) 災害 (61) 疫病 (59) 米中対立 (115) 米共和党 (44) 米国 (92) 米大統領選 (302) 経済制裁 (26) 習近平 (159) 臓器狩り (41) 軍事 (41) 迫害 (37) 香港 (114)

関連記事

コメントを追加