米大統領選挙2020 期日前投票、バイデン氏はリード、トランプ氏は果たして逆転できるのか【動画】

【脱党支援センター2020年10月30日】

ニュース解説
アメリカ東部時間10月24日(土)午前の時点で、全米ではすでに5600万人以上の有権者が今年の大統領選に投票しており、期日前投票の過去最高記録を更新しています。 2016年の選挙時の590万人に比べて、約10倍となりました。

現時点で、有権者が郵便投票を利用している州は民主党の州が多く、その理由は、政治家たちが郵便投票を推進していることや、中共ウイルスの蔓延で有権者は人混みを避けたいことだと思われます。郵便投票の場合、投票用紙の消印が投票日である11月3日までとなっているため、多くの人が早めに投票用紙を郵送し、それが期日前投票数の上昇を促しています。

転載NTDTVJP


FBI (31) TikTok (27) アメリカ (109) アメリカ選挙 (82) インド (36) スキャンダル (46) スパイ活動 (55) トランプ大統領 (381) トランプ政権 (25) ハンター (62) バイデン (243) ファーウェイ (HUAWEI) (36) ポンペオ (72) 三峡ダム (30) 不正選挙 (175) 中共 (396) 中共ウイルス (123) 中共内部抗争 (27) 中国 (111) 中国企業 (26) 中国共産党 (249) 中国崩壊 (133) 中国経済 (97) 人権侵害 (63) 個人情報 (29) 南シナ海 (36) 台湾 (88) 抗議デモ (34) 日本 (37) 民主党 (82) 法輪功学習者 (37) 洪水 (62) 災害 (61) 疫病 (59) 米中対立 (114) 米中関係 (24) 米共和党 (37) 米国 (84) 米大統領選 (267) 経済制裁 (26) 習近平 (157) 臓器狩り (41) 軍事 (41) 迫害 (37) 香港 (114)

関連記事

コメントを追加