「ハンター氏は父親の代わりに中国で関係網を構築」=アップルデイリー【October Surprise】【動画】

【脱党支援センター2020年10月20日】

バイデン一家の中共とのつながりが明らかになりつつあります。民主党のバイデン候補の息子ハンター氏が中国華信エネルギー社と結託していた証拠をニューヨーク・ポストが暴露し、さらにアップル・デイリーが、バイデン一家の10年近くに及ぶ中国での活動、特に中共幹部とのつながりを暴露した調査報告書を入手しました。

民主党大統領候補のバイデン氏は2009年から2017年にかけて、オバマ政権で副大統領を務めていました。2010年から、バイデン氏の息子ハンター氏は、父親に代わって中国でのネットワークを構築しはじめました。

アップル・デイリーの報道によると、ハンター氏は2010年4月に初めて中国を訪問し、北京で中国の金融機関のトップグループと会談しました。

2012年には、中国の「万向グループ」が米国の新興エネルギー企業「グレートポイント」に13億ドル近くを投資し、その年の米国最大の外資系ベンチャーキャピタルとなりました。ロサンゼルスでの調印式には、当時中共の副主席を務めていた習近平氏が出席しました。グレートポイントは、ハンター氏が所有するセネカ・グローバル・アドバイザー(Seneca Global Advisors)の顧客です。

2013年、BHR Partners(BHRパートナーズ)が米中合弁会社として上海に設立され、現在の資本金は20億ドルを超えています。この企業は、中国側は中共の国有企業である「渤海キャピタル(Bohai Capital)」が主に出資しており、米国側の出資者はローズモント・セネカ・ソーントン(Rosemont Seneca Thornton LLC)で、ハンター氏とオバマ政権の国務長官ジョン・ケリー氏、及び養子のクリス・ハインツ氏などが株主となっています。

同年12月、ハンター氏は当時の副大統領であるバイデン氏とともに中国を訪問し、その際に習近平氏と会談しました。それから2週間も経たないうちに、ハンター氏の会社の1つが中国銀行と15億ドルの未公開株の契約を結びました。

2015年には、中国遠洋グループの投資子会社が、ハンター氏が顧問を務めていた米企業ローズモント・リアルティ(Rosemont Realty)の事業を30億ドルで購入することを約束しました。

時事評論家 唐靖遠氏
「これらの暴露はバイデン がずっと嘘をついており、米国人を騙していることを裏付けている。息子の大量の汚職と違法行為を知っていただけでなく、彼自身も関与している可能性がある。次に、ハンター氏と中共の間の権力と金銭の取引は、必然的にバイデン氏の権力腐敗に関わってくる。ハンター氏は政府の職務に就いていないため、彼の金銭と権力の取引はバイデン氏を通して完成しているからだ。三つ目は、バイデン親子の中共との関係の暴露だが、単純なビジネス面の汚職問題ではなく、重大な国家安全問題である。すでに明らかになった情報からわかるように、ハンター氏の大量の弱みを中共が握っている。中共の米国への浸透、政治的干渉はすでに国の核心部分にまで及んでいる」

転載新唐人


FBI (31) TikTok (27) アメリカ (109) アメリカ選挙 (82) インド (36) スキャンダル (46) スパイ活動 (55) トランプ大統領 (381) トランプ政権 (25) ハンター (62) バイデン (243) ファーウェイ (HUAWEI) (36) ポンペオ (72) 三峡ダム (30) 不正選挙 (175) 中共 (396) 中共ウイルス (123) 中共内部抗争 (27) 中国 (111) 中国企業 (26) 中国共産党 (249) 中国崩壊 (133) 中国経済 (97) 人権侵害 (63) 個人情報 (29) 南シナ海 (36) 台湾 (88) 抗議デモ (34) 日本 (37) 民主党 (82) 法輪功学習者 (37) 洪水 (62) 災害 (61) 疫病 (59) 米中対立 (114) 米中関係 (24) 米共和党 (37) 米国 (84) 米大統領選 (267) 経済制裁 (26) 習近平 (157) 臓器狩り (41) 軍事 (41) 迫害 (37) 香港 (114)

関連記事

コメントを追加