NY左翼グループ 選挙集会妨害のつもりが16000ドルを共和党に寄付【動画】

【脱党支援センター2020年10月18日】

10月初め、米国の左翼グループがニューヨークのスタテン島で行われたトランプ大統領の選挙集会の妨害を計画しましたが、失敗に終わり、結果的にニューヨーク共和党に16,000ドルを寄付する形となりました。

今年6月にトランプ大統領はオクラホマ州タルサで選挙集会を開催しましたが、左翼の若者が席を大量に予約して参加しなかったため、多くのトランプ大統領の支持者が参加できないという事件が発生しました。

10月3日にスタテン島で行われたトランプ大統領の選挙集会で、左翼の若者グループは同じ手口を使おうとしましたが、共和党側は前回の教訓を汲み取り、席を予約するには5ドルの予約料を払わなければならないという新しいルールを設けました。

スタテン島共和党のブレンダン・ラントリー委員長は、地元の住民1500人あまりから予約が入っていたが、突然予約数が1万人、1万5000人、最終的には1万7500人と急増し、不審に思ったと説明しています。

その後、共和党はブルックリンの女性がTikTokで、若者に席を確保するよう促している動画を発見しました。

最終的に、トランプ大統領は2500人の支持者たちに挨拶のメッセージを送り、集会には参加しませんでした。

左翼の若者たちが支払った予約金は、結果的にニューヨーク共和党の選挙資金となり、返って共和党を助けることになりました。

転載新唐人

関連記事

コメントを追加