米大統領選テレビ討論会からフェイク・ニュースの一例を紹介【動画】

【脱党支援センター2020年10月6日】

先日行われた大統領候補のテレビ討論会で、トランプは白人至上主義グループを

糾弾しなかったとして批判されている。トランプは過去に何度も白人至上主義者やKKK、ネオ・ナチを強く批判しているにも関わらず、彼はなぜ人種差別者というレッテルを貼られているのか。テレビ討論会での議論を一例として、米国メディアによるフェイク・ニュースの仕掛けを紹介する。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャ

関連記事

コメントを追加