北京は共産党の崩壊を加速させ、習近平氏にとって本当の危機が訪れる【動画】

【脱党支援センター2020年9月19日】

中共指導者は米中関係を重視していますが、実際は友好的ではありません。当初鄧小平氏が述べた「韜光養晦」は、実際には陰謀が隠されています。「韜光養晦」という言葉は、充分な力を持つまで野望を隠しつつ待ち、力を蓄えたら超越して、取って替わるという意味です。 しかし、今日が中共を滅する時期なので、中共はアメリカを怒らせ続ける必要があります。 まさに、「神がそれを滅ぼすならば、まずそれを狂わせる」からです。   習近平氏は中共崩壊を加速させる人物で、「総加速師」とSNSで呼ばれており、この渾名は実にお似合いです。習近平氏の5つの「絶対に許さない」は、再び中国共産党の崩壊を加速させるはずです。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

関連記事

コメントを追加