「アメリカンドリームか社会主義か」トランプ大統領指名受諾演説|米大統領選2020【動画】

【脱党支援センター2020年9月2日】

共和党全国大会の最終日である8月27日の夜、トランプ大統領は正式に指名を受け入れました。トランプ大統領は今回の選挙で、アメリカンドリームを選ぶか、社会主義がアメリカを滅ぼすかを決めることになると強調しました。

27日夜、トランプ大統領は正式に大統領候補の指名を受け入れました。

トランプ大統領
「私は心から今回のアメリカ大統領指名を受諾する」

トランプ大統領は、米国人が自分たちの生活様式を維持できるか、それとも社会主義体制によって壊されるか、今回の選挙で決まると述べました。

トランプ大統領
「今回の選挙で、米国人の生活様式を維持するか、それとも極端な運動で完全に破壊されるかが決まる。でもそうさせない」

トランプ大統領
「今回の選挙で、アメリカンドリームを救えるか、それとも社会主義計画が私たちの大切な運命を破壊するのを許すかが決まる」

トランプ大統領は、バイデン氏は社会主義のトロイの木馬であり、バイデン氏が当選すると中共がアメリカを掌握すると繰り返し述べました。

トランプ大統領
「バイデンは中国(共)の台頭に歓声を上げ、それは米国と世界にとってポジティブな展開だと考えている。だから中国(共)はジョー・バイデンを支持し、彼が勝つことを願っている」

トランプ大統領
「ジョー・バイデン の計画はメイド・イン・チャイナ。私の計画はメイド・イン・アメリカだ」

トランプ大統領は、世界に疫病を蔓延させた中共の責任を問うと強調しました。

トランプ大統領
「バイデンと違って、私は(中共に)世界中で引き起こした悲劇の責任を取ってもらう」

トランプ大統領は、政府に権力を集中しているという民主党の批判を非難し、米国は神の救いに頼っていると述べました。

この演説に対し、会場からは10秒以上のスタンディングオベーションが送られました。

トランプ大統領
「この国ではプロの政治家に救いを求めるのではなく、米国では政府に魂の回復を頼るのではなく、全能の神に託す」

トランプ大統領は、ホワイトハウスはすべての人のための家であり、アメリカ国民と一緒にアメリカの物語の新章を書くと述べました。

トランプ大統領
「(ホワイトハウスは)ただのハウスではなく、家だ。信じられない歴史を持つ美しい家だ。みなさんのおかげだ。我々は一緒にアメリカの偉大な物語の次の章を書くだろう」

トランプ大統領の演説後、ワシントン記念塔では盛大な花火大会が開催されました。打ち上げられた花火が「トランプ2020」の文字を形作り、カラフルな花火が夜空を華やかに飾りました。

転載新唐人

関連記事

コメントを追加