マイクロソフトがTiktokを買収か 目的は何?【動画】

【脱党支援センター2020年8月28日】

8月6日、トランプ氏は中国のアプリ・ティックトックウィーチャットを禁止する大統領令を発令した。米国企業による事業の買収が45日以内に成立しなければ、同アプリのサービスは停止される。ティックトックが個人情報を中国政府に渡していた可能性があることを考慮すると、トランプ氏の決定は正しいと言えるだろう。しかし、買収に手をあげているマイクロソフトは果たして純粋なアメリカ企業と言えるのだろうか?中国共産党とマイクロソフトの関係は?なぜ米IT大手はブラックリストに載っている中国企業とビジネスを続けるのか?ズーミング・インのシモーヌ・ガオが米IT大手企業の問題に迫る。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

関連記事

コメントを追加